Who's HOuSE???

YASU2B(DISC SYSTEM)のいろいろ

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千十祭り

遅い夏休み、というか早い冬休みを取ってこれから沖縄に行ってきます。

格安のプランで取ったので、飛行機の時間を旅行会社に任せたらまさかの朝6時発、、、

もうすでに起床して身支度始めてます。

で、週末に帰って来たらこちらのイベントに出演っ!!

------------------------------------------------

TEN 外伝 ~真・千十祭り2008~
2008年10月10日(金曜日)@LIQUID LOFT
open 24:00~
\1500(door)/¥1000(w/Flyer)

TEN 外伝
~真・千十祭り2008~

出演:
Kochitola Haguretic Emcee's
ZEN-LA-ROCK
MIHARA

DJ陣:
INNER SCIENCE
KHAOSIST
K404
TheyLive(Dopant&Yasu2B)
TOP BILL

LivePaint:
BAKIBAKI
HRSK a.k.a REVERSE

総指揮:
Ari1010

------------------------------------------------

かれこれ長い付き合いで「Who's House???」にも度々出演してもらっているAri1010がハンドリングするパーティー。

しかも10/10に開催なんです、内容もスペシャルですっ!!

その昔、恵比寿MILKで行ったAri1010のリリースパーティーで結成したDopantとのユニット、They Liveにて参加。

They Live [Fight Scene]



They Live ストーリー (Wikipediaより)

------------------------------------------------

主人公ナダ(ネイダ)は、しがない肉体労働者。世は貧富の差が激しく、失業者があふれている。労働者が解雇されている時に、経営者の給料は上昇しているという有様である。
家が無いナダは労働者仲間のボロ家(キャンプ地)に仲間たちと一緒に泊めてもらう。そこで何気なくテレビを見はじめた。画面には贅沢な消費生活にどっぷりつかった女性の映像が流れている。と、受信映像がふいに乱れたと思ったら、正規の放送局の映像とは思えない映像が画面に映りはじめて、その映像に現れた男がこんなことを言う。
「我々の暮らしている世界は人工的な仮眠状態にされています...8ヶ月前にあるグループがそれを偶然に発見したのです...信号が発信されているのを...貧困な人々が増えています。人権も軽視されている。彼らは抑圧的な社会を作り上げているのです。我々は知らないうちに共犯者にされている。彼らの目的は皆の意識を無くすことです。彼らの目的は人々を欲に目をくらませ、物質主義者にしたてあげることです。しかも彼らは隠れていて、自分の姿は現しません。彼らは自分たちが生きるために我々を眠りこけさせ、欲に狂わせている。彼らは中産階級を骨抜きにしている。我々は"奴隷"にされているのです。...残念ながら我々の電波の出力は弱く、しかも奴らにこちらの電波の発信自体を止められてしまいそうです...」
と、ここまで言ったところでプツリと映像が途絶えてしまった。
映像が消えると、ナダの近く座っていた男がなぜかそわそわと立ち上がり、出てゆく。ナダは不審に思い、気づかれないようにその男についてゆく。男は近所の教会の中に入ってゆく。"自由教会"という名の教会で、普段から賛美歌が聞こえてきていたところだ。ナダは気づかれないようにこっそりとその教会に足を踏み入れる。ひとの気配は無い。教会内部の壁を見ると「THEY LIVE AND WE SLEEP(奴らは生き、我々は眠っている)」と殴り書きがしてある。しかも賛美歌が聞こえているのだが、人の声ではなく、録音テープで流しているようだ。どうも不思議な教会だ。
その教会の隣室では人々が何やら議論をしていた。「これでも効果はあるんだ!」「ダメだ。彼らの電波に入り込んでも、すぐに妨害されてしまう!」「じゃあ"あれ"を出荷しようじゃないか!」「それは待つべきだ!まだそれをやる段階じゃない」「他に選択肢があるか?」「あのメガネを大増産するのか?」「いや、もっと仲間を増やすことが必要だ」 ナダは壁に隠された収納スペースがあり、そこにダンボール箱がいくつも入っていることに気づく。
と、ナダの前に老人が突然現れた。驚くナダ。盲人だ。「わしは盲目だが、神のおかげで本当のことは良く見えている」とナダに言う。ナダはとりあえず教会から退散した。
不思議な教会のことが気になったナダは、後日もその教会を外から観察しつづけた。と、ナダのいるキャンプ地に突然に武装警官の集団が襲い掛かってきた。警官が人々を襲っている。警官らは、盲目の老人に対しても暴行を働いている。先日ナダが教会でバッタリ会った盲目の老人だ。ひどく抑圧的な警察だ。
翌日、ナダが教会に行ってみると、人が誰もいなくなっていた。当局にやられたのだろうか。壁に書いてあった「THEY LIVE...」の殴り書きまで、何者かによって白く塗りつぶされている。ナダは、隠し収納部屋があったことを思い出す。その中のダンボールの中には何か価値のあるものでも入っているのか?ナダはそこからダンボール箱をひとつ持ち去った。街の横丁にたどりつき期待感とともにそのダンボール箱を開ける... ところが中には黒いサングラスがぎっしりとつまっているだけだった。落胆するナダ。せめてもと、そのうちのひとつを手にとると、残りはダンボール箱のままゴミ箱に捨てた。何気なくそのサングラスをかけて街をブラブラと歩き始めた。すると....街の景色が何やらいつもと違って見えるではないか!パソコンの宣伝の平凡な写真の看板なのに、メガネを通して見ると、看板には「命令に従え」とだけ書いてあるのが見えるのだ。カリブ海旅行の看板は、メガネを通して見ると、「結婚して、出産せよ」との命令文が書いてあるではないか!サングラスを通して見ると、雑誌にも新聞にもTV番組でも「消費しろ」「服従しろ」「眠っていろ」「権力に従え」などの不気味な命令文に満ち満ちているのが見える。しかも、街に溢れる人々の大半は、骸骨のような恐ろしい顔をしたエイリアンたちだった。実はエイリアンが人間になりすましていたのだ!このサングラスは、エイリアンとエイリアンの洗脳信号を見抜くことができるサングラスだったのだ。
突然、警官がナダに襲い掛かってきた。サングラスを通して見ると、その警官もエイリアンだった。実は地球にはエイリアンが溢れていて、政府の中枢も、テレビ局にもエイリアンが人間のふりをして入り込んでおり、人間は彼らに支配されていたのだ。人間はニセの現実の中に生かされていたのだ。
ナダはエイリアンたちに対して戦い始める。宇宙人と宇宙人の信号を見抜くサングラスを、何とかして人々に広めようとするナダだったが……。

------------------------------------------------

テレ東のお昼枠や深夜帯の映画番組でお馴染み(だった)ジョン・カーペンターによる、マッチョなプロレス感溢れる、侵略SFムービー。

上記の映像はあまりにも長い格闘シーン(しかも仲間同士)が、ダラダラと夏休みや冬休みを過ごしていた中高生時代にシッカリとインプットされていた人も多いはず、、

「あの映画は最高だよね~」なんてDopantと話して結成したのがこちらのユニット、全然活動してないし、マッチョな音楽やプレイでもないんだけど、、

普段の俺のDJにDopantがエフェクターやSE、アカペラなどをプラスして30分弱でチャチャっとやります。

気になる方は是非是非どうぞ~!!

多分、泡盛買って来るんで来れそうな方はカンパイしましょ~!!
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://discsystem.blog97.fc2.com/tb.php/86-08e03243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

DISC SYSTEM

Author:DISC SYSTEM
「DISC SYSTEM meets INNERSCIENCE」 LPもよろしくお願いいたします 詳細はこちら→ROMZ RECORD

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ライツアウト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。