Who's HOuSE???

YASU2B(DISC SYSTEM)のいろいろ

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふらり旅:その6 (尾道~宮島)

すっかり時間が空いてしまいまいましたが、1人旅の続き。

朝起床して、友人のSAKAマスターのオススメ観光スポットである「宮島」へ目指すことに決定。

朝つっても昼前だったので、とりあえずメシでも食おうって事で行ったのがこちらの「みやち」。

onomichi 041

地元の人に親しまれている中華そば屋さん。

ここで注文したのが、天婦羅中華。

onomichi 038

画像の映りが悪い、、ですが要するにラーメンに天ぷらが乗っているという「そば屋」と「中華屋」を兼任するお店らしいニューウェーヴなメニュー。

まあ、こりゃまたうまかった!

尾道ラーメンは食べれなかったけど、観光スポット的な店より、地元民に愛されているメシを食する方が贅沢な気分になりますな。



で、お世話になった友人に、「次回会うときはお店の雰囲気を有効に生かしたチリンなパーティーしようぜ!」な~んてウキウキ話をしながら、別れを告げる。

ありがとうございました!尾道!!良い街でしたっ!!




そして、「宮島」に向けて早速電車にイン。

「宮島駅」からはフェリーに乗って目指します。

onomichi 042


onomichi 043

この日も「青春18切符」を使ったんだけど、フェリーもタダで乗れるとは思わなかった。

で、このフェリーのウリになっているのが、船に乗りながら大鳥居を間近で見れる事。
こんな風に。

onomichi 044

いや~、良いんだけど、初めて見る物に対するワクワク感は薄れるよな。

で、到着。

鹿が居た。(思ったより毛がカタい)

onomichi 045




大鳥居

onomichi 049




大鳥居 2
onomichi 050




厳島神社から見た大鳥居
onomichi 053




大鳥居withオヤジ
onomichi 054




大鳥居withオヤジ 2
onomichi 055

スポンサーサイト

ふらり旅:その5 (尾道 2)

お茶しながらお互いの近況だったり、昔の仕事話(職場が同じだったのね)をしていたら、良い時間になったのでこの街特有の坂道の多い、小路へと入っていく。

onomichi 024

onomichi 025




そんなこんなで今回の旅の目的地に到着っ!!

onomichi 035


onomichi 028



久々に連絡を取った友人が、今年から始めたというバーがお目当てだったのです。

なんでも、築80年余りの古民家を再生して作ったという「Cafe SAKA Bar」。

こちらのブログでお店の制作工程が見れます。

予め送っておいたDJセットで、ゆったりとした選曲をしつつ風情のある場所でサケをやる。

いや~、いつもと違う場所で音楽かけるってまた良いモンでしたわ。




近所の野良猫にエサをやる、友人のSAKAマスター

onomichi 027



気が付いたら、とっくに深夜を回っていたのでお開き→夜食(写真無いのが残念、、スナック風の美味い中華屋でした)→そして友人宅に泊めてもらい、全然寝てなかったので爆睡で1日終了。。

ゆっくりとした時間の中、久々に楽しい1日だったのです。

ふらり旅:その4 (尾道)

そんでもって、先に写真で紹介してしまいましたが「尾道」に到着したのが13時。

今回の目的は、久々に旧友を訪ねる事だったのです。


駅前はこんな感じ。海沿いに位置していて、造船所なんかがあるみたい。

onomichi 020




尾道城?では無く、バブル時にどこぞの誰かが勝手に建てちゃった、つー不思議なシロモノ。
(現在は廃墟との事)

onomichi 017




夕方に付く予定でしたが、余りにも早く到着してしまったので予定よりも早く待ち合わせをし、約4~5年振りに友人と再会。

久々に会ったのに、ガッチリ握手なんて事は無く、「やー、久々だね~。」なんて、照れ隠しのぬるい挨拶を交わし、尾道を案内してもらう。

長~いガード下の商店街をゆっくり散歩して

onomichi 003






地元の飲み屋街である「新開」へ、狭い小路が夜はディープスポットへと変貌するらしいっす。

onomichi 005





で、「腹減ってるでしょ?」って言われて連れて行ってもらったのが、お好み焼きの「おかの」。

onomichi 009




わずか3~4席しか無い民家の1階を改造して、オバちゃん1人で切り盛りする尾道で1番デカイ(サイズが)、そして美味いお好み焼き屋さんとの事。

onomichi 011




上の写真のオバちゃんに焼いてもらう。

onomichi 012




あんまし写真をバシバシ撮るのも失礼だったので、チャチャっと撮ったお好み焼き写真。
上手に撮れて無いのが、勿体無い、、

お皿は無く、このままヘラで食します。
すごいボリューム、「まんが道」ライクに「ンマーイ!」の一言。
サイダーとかも一緒に注文すりゃ良かった。

onomichi 013




その後は尾道の音楽発信地「れいこう堂」へ

onomichi 019




行く前に教えて貰ったんだけど、店主の鋭いセンスによりここから火が着いた有名アーティストも多数いるんだとか。

独特な感じの雰囲気を持つゆったりとした店構えのセレクトショップ。

店の奥地にあったカセットテープ棚から80年代のディスコ・テープとお土産用に古びたオモチャをゲット!

onomichi 018





そして、こちらは通り掛かった商店街にある尾道FM

onomichi 022




渋いっ!!

onomichi 023


ふらり旅:その3 (尾道写真)

尾道で撮った写真の数々





帽子屋さん「CELLULOID」

onomichi 021





スナック「タイムゾーン」

onomichi 006





80'sな自体の女性用ブティック「LOVE DANCE」

onomichi 016




ロックしか唄えなそうなスナック「クイーン」

onomichi 007





毛糸でできた看板の毛糸屋さん

onomichi 002




Qちゃん

onomichi 014




Q2(not ダイヤル)

onomichi 015


ふらり旅:その2 (到着)

約6時間掛けて到着したのが、岐阜県の大垣駅。

タイトな時間で乗り継ぎに乗り継ぎを重ねて、やっと30分間の休憩が取れる「姫路駅」の少し先にある「相生駅」で小休憩。

すでに大阪、京都は通過していて気が付いたら朝の10時。
10時間もノンストップで電車に乗ってたんだ。

旅の高揚感からか、夜は全然寝れなかった(それともギャルのせい?)ので駅を下車し、早速サケを買う。

駅を降り立った時に感じた空気感で、やっと旅気分を味わう。
「やっぱし田舎って空気が良いっ!」
そして、次の電車の待ち時間まで、ベンチも座るところも無かったので路上でグビグビ。

朝っぱらからサケを飲んでる人をたまに見かけるけど、ありゃ旅の途中なんだな。
いや、んなことはない、朝から飲んでるやつなんてただのアル中なんだ。
なんて事を朦朧としながら考える。



そんな事を考えていたら忘れ物に気づく、、

旅の途中で読もうと思っていた永ちゃんの「成りあがり」。


nariagari.jpg


これ読んだら絶対前向きになれるな。なんて思ってたんだけど。

たけひろゴールドDIARYにも書かれてましたねっ!

60歳でこの感じはやっぱすげーぜっ!



そして、目的地に向け再出発。
「朝からよう飲むな~」と向かい席に座った関西弁のオジサンに言われ、「ウヒヒ」と挨拶。


車内ではこんな音楽を聴きつつ(やっぱし「休日」だしね!)


Joe Thomas / COCO





























そんなこんなで13時、家を出てから約15時間かけて遂に到着しました!今回の目的地。







onomichi 001

「尾道」!!

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

DISC SYSTEM

Author:DISC SYSTEM
「DISC SYSTEM meets INNERSCIENCE」 LPもよろしくお願いいたします 詳細はこちら→ROMZ RECORD

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ライツアウト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。